【カーボ】筋トレ中のドリンクには糖質を入れよう!スタミナ切れにも最適!

どーも、ルーサーです。

 

筋トレ中は何かドリンクを飲んでいますか?

 

私は筋トレを始めた当初、ジムのウォータークーラーの水しか飲んでいませんでした。

 

ジムに来ている人たちは何か怪しい色の飲み物を飲んでいるのに気づき、ネットで調べました。それが「BCAA」でした。

【初心者向け】BCAAとは?筋トレへの効果を解説 【初心者向け】BCAAとは?筋トレへの効果を解説

 

色々調べた結果、BCAAの他に糖質も大事というのを知り、筋トレ中はBCAA + 糖質のドリンクを飲むようになりました。

 

初めて糖質入りのドリンクを入れた感想は・・・

 

「全然バテない。。。」

 

 

飲む前は、楽しくハードにやっていたので毎回「ヘロヘロ」になっていましたが、マジで筋トレが無限にできるくらいバテません。

 

逆にオーバーワークになるくらいのスタミナになりました。

 

ということで今回は、糖質を摂るようになって感じた効果や、飲み方を紹介します。

 

※この記事では山本義徳先生の「炭水化物のすべて」を参考にしています。

参考:山本義徳先生「淡水化物のすべて」

 

糖質(カーボ)とは?

まず糖質についてご説明します。

 

糖質は炭水化物

最近では糖質制限ダイエットや、糖質オフの食品などが出ているので、「糖質」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

糖質とは「炭水化物」のことです。

 

詳しく説明すると、「糖質 + 食物繊維」のことを炭水化物と呼びます。

 

炭水化物は米・パン・パスタなどの麺類に多く含まれています。

 

糖質の筋トレへの効果は?

糖質を摂取することでどのような効果があるか紹介します。

 

スタミナ切れを防ぐ

糖質は身体を動かすエネルギー源です。

 

筋トレを行うことで、エネルギー源である糖質が身体からなくなっていくため、エネルギー不足となりスタミナが切れてしまいます。

 

そこで、筋トレ中に「糖質」を溶かしたドリンクを少しずつ飲むことで、スタミナ切れを防ぐことができます。

 

私はいくつかのメーカーの糖質を試しましたが、一番スタミナの向上を実感したのはグリコの「CCD」です。CCDについては後ほど説明します。

 

筋分解を防ぐ

筋トレを行うと、筋合成、筋分解が同時に行われます。

 

そのため、筋肉をつけるには筋分解よりも筋合成が優位になる必要があります。

 

そこで、糖質の出番です。筋トレ中に糖質を飲むことで、筋分解を防ぐことができます。

 

※山本義徳先生の「炭水化物のすべて」を参考にしています。

参考:山本義徳先生「淡水化物のすべて」

 

筋肉を増やす

筋肉を増やすホルモンに「インスリン」があります。

 

インスリンの働きは糖分を筋肉・脂肪・肝臓に送り込むことで血糖値を下げることですが、筋肉の材料であるアミノ酸を筋肉に送る作用も持っているので、筋肉を大きくするにはインスリンが重要になってきます。

 

糖質の摂取のタイミング

 

糖質のメリットはさきほど紹介したとおりですが、糖質のとりすぎは「糖化」の原因になったり、インスリンは筋肉や肝臓だけでなく脂肪細胞にも働いてしまうので、多く分泌すると体脂肪が増えてしまいます。

 

そこで、糖質を摂取するタイミングが大切になってきます。

 

オススメの摂取タイミング
  • 筋トレ中
  • 筋トレ後

 

筋トレ中~後は筋肉が栄養を欲しがっている状態です。

 

このタイミングで糖質を摂取することで、主に筋肉にインスリンが働くので、体脂肪が増えにくくなります。

 

初めての糖質はグリコのCCDが激しくオススメ

私の経験から初めて糖質を摂取する場合、グリコのCCDがオススメです。

オススメ理由
  • とにかくうまい!
  • 値段が安い
  • スタミナ切れを起こさない

 

とにかくうまい!

CCDはポカリスエットを濃くしたような味で、個人的にはめちゃめちゃうまいです。

 

プロテインには合いませんが、BCAAや他のサプリと組み合わせて飲んでもおいしく飲むことができます。

 

余談ですが、私は筋トレ中にEAAとCCDを混ぜて飲んでいます。

 

値段が安い

値段はamazonを参考に900gで1,877円。1g約2円ということになります。

 

一回、50g使用するとして100円です。

 

同じ糖質ドリンクのポカリスエットやアクエリアスでも100円で買えないので、そう考えると安いですよね。

 

少し割高になりますが、お試しで使いたい方は小分けにされた一袋45g*10袋のものがamazonで購入できるので、試してみてください。

 

スタミナ切れが起こさない

冒頭でも言いましたが、このCCDを使うようになってからバテなくなりました。

 

CCDを勧めた筋トレ仲間も同じことを言っているので、試してない方は一度、試してほしいです。

 

筋トレが無限にできそうになるので、やりすぎには注意してくださいね!

 

CCDの飲み方

筋トレ中に体重*1gのCCDを1リットルの水で飲み切るのがよさそうです。

 

BCAAの記事でも説明しましたが、BCAAも筋トレ中に飲むのがオススメなので組み合わせて飲むのがベストです。

【初心者向け】BCAAとは?筋トレへの効果を解説 【初心者向け】BCAAとは?筋トレへの効果を解説

 

筋トレ後はプロテイン+糖質がオススメ

筋トレ後はプロテインに糖質を混ぜて飲むことをオススメします。

 

糖質の効果で説明したとおり、インスリンの筋肉を発達させる働きを最大限活用できるのは筋トレ後です。

 

筋肉が栄養を欲しがっている状態に、筋肉の材料であるアミノ酸と糖質を摂取することで筋肉が発達すること間違いなしです。

 

私も糖質を摂り始めて実際に体感しています。

 

ただ、糖質ドリンクですがCCDはプロテインの味によっては合いません。。。

 

さっぱり系のプロテインなら合うかもしれませんが、私は無難にチョコレート味のプロテインが多いので、筋トレ後に飲むときは粉飴という糖質を摂取しています。粉飴は控えめな甘さの砂糖な味なので安心して飲めます。

 

最近では必須アミノ酸のEAAがそのままサプリになっているので、お金に余裕のある方はEAA+CCDという組み合わせがオススメです。

 

まとめ

 

以上、糖質について解説しました。

 

糖質にはスタミナ切れや、筋分解を防ぎ、筋肉を増やす効果がありますが、体脂肪を増やしたり糖化の原因にもなるので適切なタイミングで摂取するのが重要。

 

タイミングとしては筋トレ中・筋トレ後のドリンクに糖質(カーボ)を混ぜて飲むのがオススメ。

 

オススメの糖質はグリコのCCD。とくにかくうまくてゴクゴク飲めるし、値段も安い。何より全然バテなくなる。

 

※もっと詳しく糖質について学びたい方は山本義徳先生の「炭水化物のすべて」がオススメです。

参考:山本義徳先生「淡水化物のすべて」

 

少しでも参考になれば幸いです。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA